山梨県南巨摩郡早川町をうたったご当地ソングです。
男性に思いを寄せる女性が町内を旅する物語です。

雨畑ダム
日本軽金属(株)が所有する発電専用ダム。電力会社以外が所有している民間のダムは、日本では珍しい。
このダムより最大12.00m3/sの水が取水され、下流にある角瀬水力発電所に導かれる。堤体は、歴史の割には白さが眩しいアーチ式コンクリートダム。
1967年完成のわりには、なぜか白い。これは、雪による影響なのだろうか。それとも、メンテナンスで磨いたりしているのだろうか。洪水吐として、左岸にローラーゲートが2門、オリフィス部にバルブと思われる物を2つ備えている。
なぜ「思われる」という表現を使ったのかというと、吐口と思われる部分が四角いからだ。
丸形ならバルブと分かるが、四角だったので、断定はできなかった。
また、ローラーゲートからの導流部は、スキージャンプ式となっている。

慕情の宿

作詩 北山一行 作曲 岡 千秋
         

唄 三船和子


瞳に輝く 千灯祭は
燃えて儚い 宵待ち灯り
ひとり来たのを 悔んでいるの
あなたあなた恋しい 春木の川に
揺れる面影 赤沢の宿

愛しさ憎さが この身をせめる
琴路、瀬戸淵 女の未練
谷のせせらぎ 湯舟で聞けば
風に風に打たれる 湯川の雨が
肌にしみます 西山の宿

湖畔で占う ふたりの運命
明日の行方を 引き寄せたくて
墨の手紙を したためました
想い想い届けと 稲又川に
文字がにじんだ 雨畑の宿
  赤沢宿
身延山と七面山とを結ぶ巡礼の道の途中に位置し、江戸時代の面影を残す講中宿。復元された石畳の道を散策できる。