あ川中島

作詩 武田 綱 作曲 山本丈晴 
       編曲 桜田誠一

昭和32年

唄 下谷二三子

1 霧たちこむる 妻女山
  千曲の川は 浪高し
  はるかにきこゆる つわものの
  静けさ破る ときの声
  いまこそ勝負決っせんと
  竜虎相うつ すさまじさ


詩吟

  単騎陣をついて 朝霧を破り
  扇を揮って山の如し 不動の心
  四百余年 唯一夢
  両雄の戦蹟いづれの辺にか尋ねん
  

2 車がかりの 陣備え
  巡る合図に 敵味方
  さかまく浪に どよめきいぇ
  人馬の声も いりみだれ
  川中島の たたかいは
  語りつたえて 勇ましや


3 ひずめのひびき とどろきて
  白刃一せん せまれども
  太喝一声 軍配に
  はっしと受けし その武勇
  いずれおとらぬ 甲越の
  英雄いまも 名はかおる
       

川中島古戦場説明